ブランド紹介

九十九島グループはお菓子のオリジナルブランドと
ショップブランドを創造する総合プロデュース企業です。

[写真]物語は空気の美味しい九十九島から始まりました。

戦後間もない昭和23年、長崎佐世保市で生まれた小さなお菓子屋さん。
原料が少なく、甘いものの少ない時代に、配給されていた粗糖をお客様がお持ちになり飴玉やせんべいなどのお菓子に加工してお渡ししていたのが始まりでした。
世の中にない、新しい郷土の名物をつくりたいと試行錯誤の末に「九十九島せんぺい」が誕生し、多くの方々に喜ばれ、親しまれたおかげで「九十九島せんぺい本舗」が誕生しました。

九十九島せんぺいの形は縁起物である海亀のこうらにヒントを得た六角形。
たくさん散りばめたピーナッツは美しい九十九島の大小の島影を表現しています。

変わらない味を守り、地域に根ざした美味しくて懐かしくてそれでいて新しいお菓子を創作し、お届けしてまいります。

商品ラインナップ

九十九島せんぺい
九十九島せんぺい

Page Top